ホロリのため

【第5土曜のアトリエワークショップ】 vol.2 「contemporary dance workshop」 無事に終了致しました。 単純な歩行にイメージを追加していき、身体の変化を感じるメニューから入りました。 後半は、ダンスをやったことない方々と、ダンサーを目指す方が一緒になってダンスを作りました。 ある文章を元に、私が創った振付を覚えることと、自ら振付を創ることをし、それを構成して、1分半の一つの踊りにしました。

最中、一人の方がホロリと涙を流しました。 「やったことなくて恥ずかしいから泣いてしまった。」 と言ってましたが、それから、踊りが解放されたようにぐんと良くなり、とっても綺麗なものを観ました。 何かがホロリと剥がれた瞬間に立ち会いました。 と同時に、その方の渾身のホロリを見たら、私の踊りをもっと考え直さなくてはいけないと感じました。 さらけ出して踊ることを当たり前と思ってはいけない。 出すことは必要。でも、秘めておく。ということも必要なのかもしれない。 踊りが濃密であるために、日常の過ごし方や、踊りを考え直してみようと思う。 

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • isachiaki Twitter
  • isachiaki Instagram

©ISACHIAKI.COM  

isachiiko.03@gmail.com